イラストレーション(医学・生物学・テクニカル)

 精密なリアルイラストレーションを主体に、やわらかな表現からイメージ的なものまで受注制作いたします。主にメディカルイラストレーションを専門に介護、看護、生物学、自然科学などの分野を手がけています。
 多年にわたりコンピュータを用いて積極的にデジタル制作に取り組み、制作技術、各分野の専門資料、画像データなどを数多く蓄積してまいりました。線画からフルカラーの精緻な表現まで全てデジタルデータで制作、納品しています。
 また、立体的で正確なシミュレーションを必要とする場合や写真では撮ることが出来ないリアリスティックな表現、3次元空間や立体物を様々な角度から捉えた画像が必要な場合などに3DCGを使用する場合もあります。
 制作スタッフは全員絵画の高度な専門教育を受けているばかりでなく、従来の手と画材による制作でも完成度の高い作品を制作することができます。

  

グラフィックデザイン・DTP(医学・医療・その他)

 パンフレットや書籍など紙媒体を中心としたグラフィックデザインとDTPをおこなっています。
 主な分野はカタログ、会社案内、パンフレット、技術書などです。

   

データベースシステム

 主にWindows版データベースシステムを受注開発しています。
 業務処理システムをフルオーダーでお受けし、業務分析からプログラム制作、メンテナンスまで責任をもっておこないます。会社の基幹システムをはじめ、営業、管理で必要なシステムのほとんどがデータベースシステムです。弊社ではMS-DOSが使われ始めた頃よりXbase言語をデータベースの開発の中心と位置づけてきました。
 今日ではブラウザを使ったWebシステムをAJAXとARAGO Internetを使用して開発しています。ARAGOは非常に高速な検索と大量のデータを安定して処理できる優れたデータベースエンジンを搭載し、きめ細かく、メンテナンスも容易な言語仕様をもっています。

   

マルチメディアシステム

 マルチメディアシステムという呼名が抱える範囲は広く漠然としていますが、ここでは一つのシステムで、画像、音楽、動画など様々な要素を扱って総合的な情報提供が出来るメディアと考えます。事実上マルチメディアソフト開発の定番である「ディレクター」を用いて開発したソフトといっても良いでしょう。
 マルチメディアシステムにはデザイン、画像、映像、音楽、文章、操作、仕組みやインタラクティブ性など多くの要素を有機的に組み立てなければなりません。細部の品質と共に全体の構造も重要です。 弊社の統合力がもっとも生かされる分野と言えます。

   

インターネット

 ホームページの制作をはじめ、各種Webシステム制作をおこなっています。

   

制作スタッフ

  • 佐藤 良孝

    美術解剖学会会員
    日本美術解剖学会会員
    The Association of Medical Illustrators会員(米国)
    データベースユーザーズグループ会員

  • 櫻井 あきのぶ

    主な担当:DTP、3DCG、整形外科、脳神経外科、眼科 ほか

  • 大桑 あずさ

    主な担当:産婦人科、泌尿器科、脳神経外科、動植物 ほか